自宅脱毛できればサロンに通う必要なし?自分で脱毛するメリット・デメリット

ムダ毛に悩まされてもう脱毛したい!でも脱毛サロンに通うお金も時間もない!

というときは自宅で脱毛できると便利ですね。カミソリや電気シェーバーは使ったことあるけど、どうも・・・という方も多いでしょう。他にも脱毛方法はありますが、それぞれ一長一短あります。

このページでは脱毛を自宅で行う方法を、原始的のものから機械的なものまで紹介していきます。

毛抜きは最も基本的な脱毛ですが、肌への負担大!

自分で毛を抜くには毛抜きを使いますよね。1本1本抜いていく地道な作業です。しかし毛抜きでの脱毛は絶対にやめましょう。

やめた方がよい理由は肌を傷つけるからです。毛抜きで抜くときには周辺の肌が一瞬盛り上がります。なんてことないようですが、それで肌にひずみが生じて傷が生じるのです。抜けるときにチクッと痛く感じるのは傷ができた証拠です。

体はその傷を修復する段階で薄い膜を形成して内部を保護しようとします。一方、毛穴からは新しい毛が生えてこようとします。が、膜があるので表に出て来れず肌の内部に溜まった状態になります。これが埋没毛と呼ばれる非常に厄介なもので、見た目がよくありません。

また、毛抜きで毛を抜いた直後は毛穴がぽっかり開いたようになり、細菌が侵入しやすくなります。それは毛嚢炎につながり、化膿するとブツブツができます。赤みが残って消えづらくなる(色素沈着)こともあります。

スポンサーリンク

カミソリも手軽に脱毛できますが、肌を傷つける

毛抜きの次に思い浮かぶのはカミソリでしょう。手軽に処理できて毛抜きより効率的ですが、やはり慎重に使わないと肌を傷つけることになります。

肌にカミソリを直接当てるのは負担が強すぎます。肌の組織をじかに壊しているようなものです。必ずシェービングクリームを塗った上から剃るようにしましょう。

このとき、石鹸ではダメです。石鹸をつけると肌を外部刺激からバリアのように守ってくれている皮脂膜が取り払われるのです。そこに鋭利なカミソリが当たると肌へのダメージの大きさは測りきれません。石鹸でツルツルすべりやすくなるので、なおのことです。

また、カミソリによって肌が傷つくだけにとどまらず、刃を清潔にしておかないと刃についた菌が入り込む可能性もあります。使用後は念入りに洗うこと、頻繁に新調することが必要となります。

スポンサーリンク

シェーバーは手間いらず。しかし生えてくるたびに剃らねばならない

カミソリよりもっと手間いらずなのがシェーバーです。レディース専用の電動シェーバーもたくさんありますね。

電動シェーバーもカミソリと理屈は同じですから、清潔にしておかねばなりません。剃った毛を都度取り除いておくのはもちろん、小型ブラシなどで細部まできれいにしておきましょう。

シェーバーでの毛の剃り方にはコツがあります。それは毛が生えている方向に逆らわずにシェーバーを動かして、できるだけ1回で剃ることです。肌に強く押し当てるとよく剃れるように思いがちですが、それは実は逆効果。電動シェーバーは軽く当てても十分に剃れるように設計されています。「剃り過ぎ」によって肌に負担がかからないように注意しましょう。

カミソリもシェーバーも肌の表面から見えている毛を刈り取るだけです。再び生えてくると、都度自己処理が必要になるのは言うまでもありませんね。

スポンサーリンク

ワックス脱毛(ブラジリアンワックス)は毛根から脱毛。痛みと雑菌に注意

砂糖とはちみつを原料とした、粘着力のあるブラジリアンワックスを脱毛したい箇所に塗り、上からシートをかぶせてくっついた後に剥がすと毛もついてきて脱毛できる、という方法です。原始的と言えば原始的ですが、ブラジリアンワックスのほとんどは天然成分なので、その点では肌にやさしいです。

カミソリやシェーバーとは違い毛根から脱毛できます。一度ワックス脱毛すると10日間くらいは生えてこないでしょう。

塗って剥がすだけなので手間もかからず、ワックスも安価で入手できます。自作することも可能です。

反面、想像に難くないように剥がす際に痛みがあります。肌も引っ張られるので刺激が強く、肌が弱い人は肌荒れや赤みが長く続くのでおすすめできません。

そして毛抜きと同様、開いた毛穴から雑菌が入りやすくなります。目立つので、肌が黒ずんだように見えることもあります。

家庭でできる科学的な脱毛・除毛方法

除毛クリーム・除毛スプレーで溶かすように脱毛

毛が生えているところに除毛クリームを塗ったり除毛スプレーを噴霧したりすると、毛が溶けるようになくなっていきます。これは除毛クリーム・除毛スプレーの主成分であるチオグリコール酸カルシウムによるタンパク質を柔らかくする機能で、毛が分解されているからです。

除毛スプレーは噴きかけるだけでいいので手が汚れず、除毛クリームよりも気軽に使用できるのがメリットです。

注意しなければならないのは、これらは「脱毛」ではなく「除毛」であることです。肌の表面に露出している毛についてのみ作用するので、毛根に働きかけて生えてこなくするわけではありません。

伸びてくるたびに処置しなければならないので、手間がかかることがデメリットと言えるでしょう。

家庭用脱毛器は脱毛サロンや医療脱毛と仕組みは同じ

脱毛サロンやエステサロンで行われている脱毛施術を、家庭用脱毛器を使えば自分でもすることができます。フラッシュ脱毛できる機器もレーザー脱毛できる機器もあります。但し業務用よりは威力は下がります。

フラッシュ脱毛は毛が黒いことを利用してフラッシュ光を照射すると黒いところに反応することで毛根にダメージを与えて発毛を抑制する仕組みです。

レーザー脱毛は発毛・育毛に大いに関係がある毛乳頭にレーザーを当ててその機能を奪うという脱毛方法です。医療脱毛で用いられています。レーザーと言われるくらいなのでピンポイントで当てる必要があり、手間がかかります。フラッシュ脱毛は一回の照射面積が大きいので短時間で済み、痛みもレーザー脱毛よりは感じにくいです。しかしレーザー脱毛の方が効果が上がりやすいとされています。