ラヴォーグ

ラヴォーグの脱毛器シルキーライトIIの口コミと情報まとめ

投稿日:2017年5月2日 更新日:

ラヴォーグではシルキーライトIIとLVS、今年からはクリスタルスキンという脱毛器が使われています

ラヴォーグの全身脱毛で使用されている脱毛器には2種類あって、LVSとシルキーライトIIです。
注.2017年からはクリスタルスキンという最新脱毛器も使われています(後述)

どちらも日本製の脱毛器で、シルキーライトIIは日本エスティック工業会に認定され所定の安全試験もクリアしたマシンです。全国の脱毛サロンに導入されており、10年以上の実績があります。

LVSはラヴォーグだけで使われている独自の脱毛器で。シルキーライトIIより光の照射面積が広く、高速での連射ができます。したがって、1回の脱毛時間が短くて済み、料金も安く抑えられ、「全身脱毛を手軽に受けたい」という方のために開発されました。反面、脱毛効果はシルキーライトIIよりは劣ります。

ラヴォーグで全身脱毛を受ける際に、事前に無料のカウンセリングが行われ、そのときどちらの脱毛器を使うプランにするかを決めます。LVSを使うコースには月額制と回数制がありますが、シルキーライトIIは回数制だけになったようです。

公式サイトでは主にLVSの月額制プランが紹介されているのですが、カウンセリングではもっぱらシルキーライトIIのプランを勧められます。LVSより脱毛効果が高く、長い目で考えるとシルキーライトIIのプランの方が脱毛完全終了までの期間が短くなる、という理由からです。冷却ジェルを塗ることなく脱毛施術することができるのも、シルキーライトIIの大きなポイントです。

安い月額料金で気軽に始められてやめることもできるLVSのプランは大きな魅力です。確かにシルキーライトIIの方が料金は高くなるのですが、それだけ脱毛効果があり、料金的には他のサロンと比べてみると割安となり対象部位も多いので、金銭的にまとまったお金を用意できる方はシルキーライトIIのプランがおすすめです。

新型脱毛器「クリスタルスキン」は冷却ジェルも保冷剤もいりません!

ラヴォーグに2017年から新しい脱毛器が導入されました(店舗によって導入時期は異なります。順次導入予定)。シルキーライトIIも長年にわたって実績と信頼があり、脱毛効果も十分だったのですが、新脱毛器はシルキーライトIIよりもっと脱毛される側の立場に立ったマシンとなっています。

その新しい脱毛器は「クリスタルスキン」といって、シルキーライトIIからの変更点は脱毛器自体に冷却機能がついたことです。

シルキーライトIIもクリスタルスキンもLVSもフラッシュ光を皮膚に照射する光脱毛の方式なのですが、光脱毛では施術中に通常「パチッ、パチッ」という痛みを伴います。この痛みが耐えられないものか耐えられるものかは受けている方の感じ方、個人差によるのですが、このフラッシュ照射による痛みは皮膚を冷却すると和らげられることが知られています。施術前に鬼のように冷やされた冷却ジェルを体全体に塗って、痛みを感じにくくしてから全身脱毛するのが他のサロンでは一般的です。

この冷却ジェルは「耐えられないほど冷たい!」「そうでなくても冷え性なのに!」「風邪ひきそう!」と不評で、それを改善したのがシルキーライトIIです。シルキーライトIIで脱毛するときは冷却用ジェルが不要なのです。冷え性が多い女性に受け入れられたのは言うまでもありません。冷却用ジェルを塗る時間と拭き取る時間もいらなくなったので、時間短縮も実現できました。ではシルキーライトIIではどのようにしてフラッシュ光照射時の痛みを和らげているかというと、保冷剤で該当箇所を冷却しながら照射しているのです。シルキーライトIIではこのやり方でOKでした。

上述したように、最新脱毛器クリスタルスキンには冷却機能そのものが搭載されました。クリスタルスキンを肌に当てると触れた面が同時に氷点下以下まですぐに冷やされます。続いてフラッシュ光が照射されるので痛みが和らぐ、という仕組みです。冷却ジェルはもちろん、保冷剤も必要なくなり、脱毛施術時間が一段と短縮されるようになりました。

このクリスタルスキンの導入によって、ラヴォーグの全身脱毛コースはより利用しやすいものとなるでしょう。

-ラヴォーグ

Copyright© ラヴォーグの口コミからわかった7つのこと , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.